身の丈にあったキャッシング枠

初めてキャッシングをしたのは学生だった頃です。
大学のゼミで卒業生を送り出すパーティーがあったのですが、
卒業生たちに渡すプレゼントを含めて会費は1万円。
こちら
ちょうど春休みに海外旅行に出かける予定があり、アルバイト代は旅行代金に使ってしまっていました。
親に泣きつくわけにもいかず、勇気を出して丸井へ。
キャッシングコーナーで手続きを取ると、あっさりカードを発行してくれました。
学生だったのですが、キャッシング枠は10万円もいただけました。
おかげで、パーティーに出席することができ、ちょっと調子に乗ってブランドのバッグも購入してしまいました。
それから社会人になっても、何か急な出費があるときは何度もキャッシングのお世話に。
こちら
友達の結婚式に包むご祝儀、親戚の出産祝いなどなど…。むしろ社会人になってからのほうが
急な出費のオンパレード。ちょっと節約を怠っていると、給料日前は悲惨なことに…。
地道に返済していって、ようやく貸付残高がゼロになるかと思いきや、また急な出費が出て
またキャッシング…という繰り返しでした。ボーナスが入った月など、
一括返済しようと思えばできたタイミングもあったのですが、なんとなく寂しい気持ちが沸いてきて、
ずるずると細く長いお付き合いをしてきました。
それでも限度額の10万円を超えることは一度もありませんでした。
ある日、たまたま丸井の前を通りかかったので、直接返済しようとクレジットの窓口に行くと、
係りの人に「長らくのお取引ありがとうございます。
こちら
お客様の信用もございますので
キャッシングのご利用枠を増枠させていただくことが可能ですが」と言われました。
これまで10万円までしかキャッシングできなかったのが、50万円までキャッシングできるように
なるとのことでした。
なぜかとても褒められたような気分で、悪い気はしなかったのですが、丁重にお断りしました。
そんなに必要になることもありませんし、やはり私には10万円の枠で借りたり返したりを
ずっと続けていくのが性に合っている。そんな気がしました。

39
こちら


前のページへ<<   >>次のページへ