過払い金請求を急ぐべき理由

お金を借りた場合、法律で定める上限を超えて利息を支払う必要はありませんし、既に払ってしまった場合には返してもらうことができます。このように払い過ぎてしまった利息を返してほしい、と請求することを過払い金請求と言います。特に、過去、消費者金融業者は、法律の規定が不明確であったこともありますが、利息を取りすぎてしまったことが多くありました(誤解を恐れずに言えば、ほぼすべての消費者金融が利息を取りすぎていました)。そのため、過去に消費者金融と取引した経験があれば過払いしていないか、確認してみてはいかがでしょうか。
こちら
この過払い金請求は、いつでもできます。現に、その消費者金融から借りている間でもかまいませんし、既に返済が終わってしまっていてもかまいません。
ただ、いつまでもできるわけではありません。
請求できる期間には二つの制限があります。
一つは、消滅時効という法律上の制度です。
こちら
時効という言葉は聞かれたことがあるかと思いますが、一定の期間が過ぎると罪には問われないという使い方が一般的かと思います。時効まで何とか逃げ切りたい犯人というのがたまに刑事ドラマに出てきます。
しかし、権利というのも、一定期間、主張しないと時効になり、以降は主張できないことになります。一定期間がどれほどの期間なのか、は権利によって異なります。
そして、過払い金の請求については、10年間で時効が完成します。
こちら
つまり10年経つと請求できなくなってしまうのです。これが急ぐべき理由の一つ目です。
そして二つ目は、過払い金の請求は、利息を払い過ぎてしまった消費者金融に対して行うのですが、消費者金融はいつまでも営業としているとも限らないですし、返還に応じる資力がいつまでもあるとは限らないからです。
特に過払い金返還請求は、裁判所によって消費者金融の取っていた利息が取りすぎだと判断されて以降、ここ数年で急速に増えました。
こちら
実際に過払い金返還請求に耐え切れずに廃業したり、破産したりしている業者がいくつもあります。このように消費者金融が倒産してしまえばいくら権利があると言ってもお金が返ってくることはありません。
過払い金返還請求は消費者金融との交渉が必要になる困難なもので、弁護士や司法書士等の専門家に相談されるのが間違いないと思います。その相談もここまで述べてきた理由で、早く始まられた方がいいのではと思います。

37
こちら


前のページへ<<   >>次のページへ