消費者金融について思うこと

「消費者金融」と聞くと、一般的には良いイメージよりは
悪いイメージの方が強いと思います。
実際に、「お金を貸して、金利を取ることで成り立っている商売」
ですので、良い印象がもてないのは無理も無い話ですね。
では、本当に「消費者金融=悪」なのでしょうか。
考えてみたいと思います。
まず、仕事というのは、「需要と供給」で成り立っています。
「消費者金融」の場合は、「お金に困っていて、借りたい人間」が
いる限りは、常に「需要」がある状態になりますね。
ここで、私が思うのは、「お金に困っていて、借りたい人間」が
「お金を借りる場所や手段」が、「消費者金融」しかない場合、
どうしたら良いのかということです。
まず、どうしても「お金」を借りなければならない場合、
本来であれば、利息のつかない方法を選びたいのは
当たり前のことです。
利息のつかない方法=親や兄弟、友人、知人などに借りると
いうことですね。
ただ、借金をすること自体が恥ずかしい、心配をかけてしまう
という観点から、実際に身近な人間に借金を頼むのは
避けたいと考える人が多いと思います。
次に考えるのは、公的機関などを利用した、もっとも低金利で
借金をする方法。
ただ、これも、申請のための条件が厳しいことがほとんどで、
現実的ではないと思います。
で、その次の方法として、銀行ローンで、金利をおさえて
借りる方法。
ネット銀行の普及などにより、以前よりは、審査が甘く
なったり、敷居が低くなったとは思いますが、それでも、
勤続年数が浅いなど、いわゆる属性の低い人間では、
利用できないケースがまだまだ多いと思います。
と、このように、消去法で考えていくと、「消費者金融」
しか選択肢がないという人が出てくるわけです。
もちろん、借金の理由が「ギャンブル」や「散財」
など、本人の責任である場合は自業自得ですが、
「身内の借金をかぶった」「リストラや病気でどうしても
生活ができなくなった」など、やむをえない事情のある
ケースもあると思います。
なので、私が思うのは、その時の「借金」がその後の人生を
正しく生きていくためのきっかけになるのであれば、
必ずしも「消費者金融が悪」にはならないと思うのです。
ただ、人間は楽な方に流れていくものですから、借金を
繰り返す人の方がはるかに多いのが現実でしょう。
結局は、「消費者金融を利用した後」にどう人生を立て直して
いくのか、に尽きると思います。

33
こちら


前のページへ<<   >>次のページへ